ドコモ光

ドコモ光のキャンペーンや料金、評判についてオタクが書いています。

ドコモ光 nuro 乗り換え

 

ドコモ光からnuroに乗り換えってお得なのでしょうか。

 

また速度などはどのように変わるのでしょうか。

 

 

その点について調べてみましたが結論から言いますと、ソフトバンクスマホユーザーはnuro、ドコモのユーザーはドコモ光を使ったほうがお得になります。

 

 

その理由はそれぞれスマホとのセット割が用意されているためです。

 

例えばですが、nuroの場合、おうち割というセット割に申し込むためにはNURO光電話えの加入が必要です。

 

価格としては以下の通りになります。

 

NURO光G2V+NURO光でんわ:5,243円

NURO光 for マンション+NURO光でんわ:3,000〜2,400円

 

一見、そこまで安い月額料金ではないですが、おうち割が適用されれば、1522円がスマホ料金から割引になります。

 

そのため、実質の料金は以下の通りになります。

 

NURO光G2V:3,721円、マンション:1,478〜878円

 

ここまで来ればかなり安くなりますよね。

 

 

 

また、ドコモ光も同じで、セット割を適用すれば以下の赤枠内の割引料金が適用になります。

 

f:id:docomohikariti:20170926160329g:plain

 

そのため、ドコモ光からnuroへの乗り換えは、ソフトバンクスマホユーザーであればお勧めします。 

 

 

また、通信速度ですが、ドコモ光が1Gbpsに対して、nuroは2Gbpsと約二倍の速度を誇っています。

 

もちろんこれは理論上の数値なのでここまでは出ないのですが、それでもドコモ光ユーザーが乗り換えた後は「通信が速くなった」という感想を持つ方が多いです。 

 

少しでも速い通信をご要望の場合はnuroへの乗り換え検討はアリだと思います。

 

ドコモ光の工事にかかる時間は?

 

 

ドコモ光を契約すると、戸建てもマンションも工事が必要になります。

 

立ち会いでの工事が必要繋りますが、どのぐらいの時間が必要なのでしょうか。

 

平日に工事をすることもあり、会社を丸一日休まなくてはならないのかなど気になりますよね。

 

 

結論から言いますと、工事にかかる時間はNTTからは1時間と言われいます。

 

ですが、この時間はかなり余裕を持っていっているので、大抵は30分もあれば工事は終わります。

 

 

そのため、会社に出勤をしなくてはならない方は午前半休をとる、若しくは遅刻することを先に伝えておいて対処することができそうです。

 

一日休むとなると影響も大きいですが、そういう事態は避けられそうです。

 

 

ただし、できれば休日に工事をしたいものですよね。

 

コツとしては引っ越しの時期を避けて工事の依頼をすることです。

 

3~4月、9~10月、12月は引越しのピーク時期で、同時にドコモ光の工事の依頼も増えます。

 

そのため、この時期に依頼をするとまず休日は難しく平日になります。

しかも、工事も依頼した日から一か月後などとても遅くなる傾向にあります。

 

 

できるだけ引っ越しのピーク時期は避けるようにして依頼をすると休日に予約を取れるかもしれません。

 

 

以上、ドコモ光の工事にかかる時間は30分程度でした。

ドコモ光の工事で穴は?

 

引越し先のマンションや戸建てなどの新居にドコモ光を導入するため工事をする場合、穴は空けられてしまうのでしょうか。

 

自分もしんぱいになったことがあるので調べてみたことがあります。

 

そもそも「工事」と言われると工具を使って穴を開けたりなどかなり大掛かりなものを想像しがちですが、実はやることは以下の三つだけです。

 

①光ファーバーのケーブルを屋内に通す

②ホームゲートウェイの設置

③ケーブルとホームゲートウェイを接続

 

そのため特に大規模な工事にはならず、時間も一時間程度で終わります。

 

 

では、工事の際に穴は開けられるのでしょうか。

 

光ファイバーのケーブルを屋内に通す差に壁に穴が必要なのでどうしても穴が無い場合は通しますが、大抵の場合は電話線やエアコンの穴がすでに開いているのでそれが使われます。

 

つまり、穴をあける工事が必要な場合は非常に稀です。

 

ですがもしも開ける場合は、賃貸であれば大家さんに確認が必要になりますので事前に交渉をしておくとスムーズです。

 

退去時には再び工事をして穴を埋めていってくれる点をちゃんと大家さんにも伝えて安心をさせてあげてください。

ドコモ光で工事不要は可能?

 

ドコモ光で工事不要なのはないのか調べてみました。

 

結論から言いますと、ほとんどの場合は工事が必要になります。

 

引っ越しなどでドコモ光などの光回線を新たに住居に引くときは工事を予約して、回線を部屋に通す作業が必要になります。

 

この工事のためにケーブルを通す穴を壁に開ける必要があり、賃貸等の場合は事前に大家さんに相談が必要になります。

 

※退去時に再び工事をして穴を埋めます。

 

 

また、この工事の費用はそれなりに高く、フレッツ光で18,000円、auひかりで37,500円などが実費としてかかってきます。

 

 

さらに・・・工事の予約をしてから実際の工事までの空き時間ですが、4月など引っ越しで混雑している時期には一か月後と言われることも普通にあります。

 

 

ただ、ドコモ光回線のメリットは安定性と1Gbpsなどものすごく速い通信速度になります。

 

オンラインゲームはもちろん、動画の閲覧はストレスフリーで存分に使えます。

 

こういうメリットもありますが、それでも工事が煩わしい方はwimaxなどのモバイルルーターを選ぶ方も増えていますね。

 

wimaxなどのモバイルルーターであれば、工事は不要で家に端末が届いたその日からネット通信ができるようになりますので。

 

 

ドコモ光のウィルス対策は?

 

ドコモ光のウィルス対策について調べてみました。

 

ドコモ光のセキュリティーはマカフィを使っており、ウィルススキャンやファイヤーウォール、子供の利用を制限する機能など、一般的なセキュリティソフトについている機能はすべて搭載しています。

 

使い方は?

使このセキュリティサービスを利用するには、ドコモNETで申し込みをします。

 

その後、ドコモnetより25桁の暗唱コードがメールで届くので、同じメール内に書いてあるURL先にアクセスして、そこに暗唱コードを入力しソフトのダウンロードができます。

 

注意点

このドコモ光のセキュリティサービスは申請から12カ月間のみ無料になります。

 

13カ月目からは有料になるのですが、料金がいくらなのかなどはどこにも明記されていません。

 

無料期間終了の約二週間前に更新案内が来るそうなので、料金はそれに書いてあるのだと思います。

 

 

すでにセキュリティソフトが入っている場合

すでにパソコンやスマホに別のセキュリティソフトをダウンロードしている場合、二つのセキュリティソフトを同時にインストールはできないのでどちらかになります。

 

特に問題がなかったのであれば、既存のソフトを使い続ければいいかと思います。

 

 

 

 

ドコモ光キャンペーンでヨドバシは?

 

ドコモ光のキャンペーンは色々とありますが、ヨドバシについて調べてみました。

 

結論から言いますと、ヨドバシのキャンペーンはお得ではないのでやめておいた方が良いです。

 

 

 

ヨドバシのキャンペーンないようとしては以下のどちらか1つになります。

 

ヨドバシカメラの商品券5000円分

・dポイント5000円分

 

この5000円という金額ですが、決して多くはありません。

 

GMOとくとくBBなどだと、dポイント5000円+で新型のバッファローWiFiルーターが付いたりします。

 

他にも10000円以上のキャンペーンを実施しているプロバイダもありますので、ヨドバシのキャンペーンはパンチが弱いんですね。

 

 

ヨドバシカメラに限らずヤマダ電機ケーズデンキなど実店舗を持つプロバイダでは限界があります。

 

実店舗があるのでそれだけ人件費などの経費が掛かってしまいますが、GMOとくとくBBなどのオンラインで完結しているプロバイダは経費が少ないのでそれだけキャンペーンを豪華にできるんですね。

 

ドコモ光でお得なキャンペーンを狙うのであれば、調べたところGMOとくとくBBのドコモ光 が今のところ一番お得ですね。

 

 

 

 

ところで、ドコモ光などのホームルーターは家の中に据え置きなので、外に持ち運べません。

 

最近はモバイルルーターも人気で、理由はカフェや電車の中など外でもネットが使い放題なので、非常に便利なんです。

 

特別な工事もいらないし、月額料金も3500円と据え置きの半分程度で可能です。

 

 

ただ、やはりヨドバシなどの実店舗ではなくオンラインのほうが数段お得になります。

 

理由は先ほどと同じですね。

 

 

詳しく書いてあるサイトを見つけたのでご参考にどうぞ↓

 

xn--wimax-bo4dnaq3p8f2c8dua4gxgb6m.xyz

ドコモ光が遅い!biglobeの場合は?

 

ドコモ光はプロバイダによっては遅いことがありますが、今回はbiglobeについて調べてみました。

 

本題に入る前に以下過去記事にも通信が遅い場合の対処法が書いてあるので覗いてみてください。

 

docomohikariti.hatenablog.com

 

 

さて、本題のドコモ光がbiglobeで遅い件ですが、確かにネットで検索していると遅いと感じている方も見かけます。

 

改善策としては大きく2つあります。

 

 

biglobeからドコモnetに変える

 

プロバイダによって基本的には通信の速度に変わりがないはずなのですが、そうは言ってもプロバイダを変えることでスピードが早くなる人もいます。

 

思い切ってプロバイダを変えるという方法もあり、返るのであればドコモnetというIPv6対応でドコモ光直結のプロバイダをおすすめします。

 

IPv6を申し込む

 

IPv6は最新の通信方式で、一般の通信が道路で言う一般道とすると、IPv6は高速道路と言われています。

 

biglobeはこの高速通信であるIPv6に対応しているプロバイダで、biglodeから申し込むことでIPv6の回線を使えるようになります。

 

もしもすでに接続機器をお持ちの場合は月額料金は無料で使えますが、無線LAN付きの接続機器をレンタルする必要がある場合は月額500円がプラスされます。

 

詳細はbiglobeの公式サイトをご覧ください。